幸運を引き寄せるための自分のための祭壇の作り方

天然石ブレスレットやジュエリーアクセサリーなど、

HEART&JEWELRYで扱っているアイテムやお持ちの大切なものを使って、

自分だけの祭壇を作ってみませんか。

自分自身に向き合える神聖な場所。

そこで自分のために祈りを捧げるのも良し。

アファーメーションをしたり、コミットメントをしたりするも良し。

安心安全な家の中のパワースポットを作ることが出来るのです。

 

*神棚は別に置くのをお勧めします。お札もそちらにお飾り下さい。

      (御守はアイテムとして祭壇に置いても大丈夫です。)

ブレスレットを浄化するのに適した祭壇の作り方

祭壇の作り方 1
祭壇の作り方 1

まずどこに作るか決めましょう。

心地よい場所がベストですが、どんなところでも大丈夫。

必要と思われた場所にお作り下さい。

もし、そこから移動したとしても大丈夫です。

旅行先でも作れます。

(作る時も片付ける時も「ありがとう」と感謝しながら)

 

用意するものはキャンドル、アイテムを置く布、直感で置きたいと思ったアイテムです。

数も決められていませんが最初は少な目をお勧めします。

置くものも天然石、ジュエリー、ブレス、お守り。

大切で心地よいものであれば何でも構いません。

尊敬する人の写真を置くのも良いでしょう。

水を入れた器にアロマオイルを垂らしたり、花びらも置くのをお勧めします。

祭壇の作り方2
祭壇の作り方2

まず布を「ここに祭壇を作らせてくれてありがとう」言いながら、丁寧に敷いてください。

その上に直感で好きな場所に感謝をしながらキャンドルを置きます。

祭壇の作り方3
祭壇の作り方3

次に置く順番ですが決まった順序はありません。

まず気になったものを左手に取ってしばらく身体の反応を確かめてみて下さい。

チャクラのことをご存じであれば、そのどれが反応するか。

もしくは身体のどこがこのアイテムと反応するかを感じてみて下さい。

感じ方は個人差がありますので何となくでも良いと思います。

重いとか軽い、温かいとか冷たい、明るいとか暗いなどを感じてみましょう。

そして自分に問いかけてください。

「これはどんなメッセージ?」と。

答えは無くても大丈夫。

私は書いておいて、あとで眺めたりしています。

もし何か浮かんだらその答えを味わい、「ありがとう」と祝福しながら好きな場所に置いて下さい。

祭壇の作り方4
祭壇の作り方4

これをくりかえして、アイテムを置いていきます。

お勧めとして、一か所に何かと何かを組み合わせるのも良いでしょう。

天然石を重ねあわせたり、石を囲むようにブレスを置いたり。

すべて自分の心地よさで置いていってみて下さい。

そして平面でなく、立体的に作るのを意識すると祭壇のエネルギーがぐっと上がるのが感じられるでしょう。

全て並べたら、自分だけの祭壇が出来上がりです。

祭壇完成
祭壇完成

基本はこれで大丈夫です。

さらにお勧めしたいことがあります。

浄化用に、天然塩と木を粉にした粉末をひとつまみ程度、四隅に置くことです。

粉末が難しければ、薄くて小さな破片に塩を載せても構いません。

替えるタイミングは、ほこりがたまる前あたりがベスト。

神経質になる必要はありません。

きっと、祭壇がよりパワースポットに感じられることでしょう。

祭壇に置く塩とお清め杉

身に着けていたブレスレットを浄化する

一日身に着けていたブレスは、祭壇に置いて浄化してください。

 

腕からをはずし、できたら、置く前に一度乾いた布で軽くふき取ってください。

ブレスを好きなところに置いたら、一日を終える浄化の儀式を始めましょう。

時間があればキャンドルを灯してください。

丸一日の出来事を思い出しながら、深くスウーッとゆっくり吐いて。

いちど、もしくは何度か深呼吸しながら、肩の力を抜いて気持ちを落ち着かせていきます。

時間のないときは、一度でも構いません。

スッと軽くなったら、ブレスも自分もうまく浄化できている証拠です。

必要ならば、願いのアファメーションをして儀式を終えてください。

ゆっくりお風呂に入って、お休みください。

 

次の日、祭壇からブレスを取って、一日を始めてください。

祭壇で願いや祈りをささげる儀式、アファメーションのやり方

祭壇で願いや祈りを捧げる儀式をする時、お勧めがあります。

どこか窓を開けて外のエネルギーを部屋に入れてあげると良いと思います。

始める時間は朝でも夜でも何回でも大丈夫です。

キャンドルに火を灯して元の位置に置きます。

旅先で火を着けられない時はライトの光

(私は携帯のライトを使用しています。)を祈る間だけ使ったりします。

 

そして音の鳴るもの(鈴、ティンシャ,シンギングボール)、

もしくは手を祭壇の上でたたいて儀式を始めて下さい。

あなたを守ってくれている全ての存在に感謝を捧げて、

そしてアファーメーションを言います。

言葉はポジティブなものにしましょう。

お勧めは「私は…をする準備が出来ています。」

または「私は…をします。」と言葉にエネルギーのあるものにしてみて下さい。

そしてもう一度感謝の祈りをして、手で火を消して儀式を終わります。

自分の家以外でも、出先で簡単な祭壇を作ることが出来ます。

例えば、これはある日の主張先で作った祭壇。
ブレスやジュエリー、天然石を置き、

ある日、目の前に落ちてきた幸運の羽を乗せてみました。

もちろん置くものは、ご自身の気に入ったもので大丈夫です。
そして、横に水を入れたコップを置いて完成です。
この時は、狭い台に敷く布が無かったのでしませんでした。

出来たらきれいな布を下に敷くのをお勧めします。
可能であればキャンドルも置きたいところですが、火気は避けた方が良いと思います。
何か光を放つもの・・・ライトなどを祭壇の近くに置いて代用します。

 

如何でしょうか。

けして難しいものではありません。

そしてご自身でいろいろとアイデアを試す場でもあります。

もしエネルギーが自分にフィットしないなと思ったら、

置くアイテム、そして位置も変えてみて下さい。

外で身に着けていたジュエリーやブレスを置いて、

朝、それを身に着けて出かけるのもお勧めしたいと思います。

 

この祭壇のエネルギーが心地よいものになるよう、楽しく作り上げていってください。

それもまた、幸せな未来へと踏み出す一歩なのです。
あなたのための祭壇、ぜひ一度作ってみるのをお勧めします。

ある日の祭壇
ある日の祭壇

祭壇の作り方を学べるワークショップ

屋久杉ブレス作り体験とミニ祭壇ワークが一緒になったワークショップです。

ブレス作りしたあと、実際にミニ祭壇を作っていただけます。
一度覚えると、いつでもどこでも作れるようになります。

ひとりで作る前に、一度学んでみたい方はこの機会をお使いください。

祭壇に置くのに適したアイテムをご紹介します